十勝ナチュラルチーズ物語について

十勝は日本の3分の2を生産するナチュラルチーズ王国。雄大な自然のなかではぐくまれる乳牛。そのフレッシュな牛乳を原料に作った、チーズ工房こだわりの逸品と最新情報を紹介します。

十勝のナチュラルチーズ情報一覧はコチラから

十勝ナチュラルチーズ物語のトピックス/新着情報

2011.08.30
ナチュラルチーズ協議会のチラシが出来ました!
2009.10.27
第4回「24時間チーズづくり」を開催します。(主催:24時間チーズづくり実行委員会)
2009.10.26
ナチュラルチーズ製造技術講習会のご案内

そのほかの更新はコチラから

ミルクのメグミ/商品紹介

酪佳
さらべつチーズ工房
酪佳

とかち野ウォッシュチーズ/十勝野フロマージュ
十勝野フロマージュ
とかち野ウォッシュチーズ

おいしいカマンベール/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
おいしいカマンベール

ビーンズカマンベール/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ビーンズカマンベール

ハートのかたちのフロマージュ/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ハートのかたちのフロマージュ

ブリ・ド・トカチ/十勝野フロマージュ

十勝野フロマージュ
ブリ・ド・トカチ

大地のほっぺ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
大地のほっぺ

カチョカバロ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
カチョカバロ

槲/NEEDS槲館

NEEDS槲館

クリームチーズ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
クリームチーズ

カチョカバロ/NEEDS槲館

NEEDS槲館
モッツァレラチーズ水入りタイプ

森の香/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
森の香

フラクレット/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
森のカムイ

フラクレット/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
森のしずく

フラクレット/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
ラクレット

森の香/ハッピネスフロマージュ

ハッピネスフロマージュ
セラック

笹ゆき/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
笹ゆき

雪/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場

クリームチーズ/共働学舎新得農場
共働学舎新得農場
クリームチーズ

フロマージュブラン/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
フロマージュブラン

レラ・へ・ミンタル/共働学舎新得農場
共働学舎新得農場
レラ・へ・ミンタル

シンコトル/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
シンコト

ラクレット/共働学舎新得農場

共働学舎新得農場
ラクレット

メ~メ~チーズ フレッシュ/十勝千年の森
十勝千年の森
メ~メ~チーズ フレッシュ

十勝シェーブル/十勝千年の森

十勝千年の森
十勝シェーブル

十勝シェーブル(炭)/十勝千年の森

十勝千年の森
十勝シェーブル(炭)

十勝シェーブル(炭)/十勝千年の森

十勝千年の森
トゥレプ

     

ナチュラルチーズのタイプ別一覧はコチラから

チーズ あ・ら・か・る・と

酪農のルーツは白牛、「白牛酪」を製造

八代将軍徳川吉宗の時代に、外国から輸入した白牛(牡1頭、牝2頭)を飼ったのが、日本の酪農の始まりといわれています。「サイロ博物館」(新穂栄蔵著)に紹介されています。その牛乳から「白牛酪」を作って日本橋の玉屋で売ったそう。牛乳を精製した濃厚な甘みの液「醍醐」に似たようなもので、滋養に富んでいたそう。

続きはコチラから

北海道最初の牛は白牛造北海道酪農の父エドウィン・ダン乳用牛といえばホルスタイン十勝の酪農の祖・依田勉三十勝はチーズ王国

十勝のナチュラルチーズ情報

十勝のナチュラルチーズ情報一覧はコチラから